本文へスキップ

多角的な視点から守谷市政を見つめ、現場に足を運び具体的かつ分かり易く、市の状況や将来を語る場として、情報を提供していきます。

役立つ情報item list

選挙の裏話若者向け情報は、この下にあります。。。

ネット選挙が解禁されました。

全世代の民意を表そう!

ネット選挙解禁。夏の参院選からは18才以上の新有権者240万人が参加します。多くの世代が民意を示せることは良い事ですが、国の膨大な借金を許した世代が、知らぬ振りで次世代にツケだけ回すのは頂けません。自民独裁で国政が危うくなり始め、ネットでは『落選運動』が注目され始めています。議員に『民意の付託』を勘違いして使う方が多々いますが、議場で有権者に分かり易く説明すべきことを、裏でヒソヒソ、数で押し切る様相は、私達が望む民主主義の姿ではありません。※落選運動とは、公選法に触れない候補者・団体・有権者の政治活動です。
民主主義 = 多数派の意見採用であり、強行採決・先送りは民意を歪める。議会政治には、説明責任が必要。権限を持つ者は、すべての利害関係者に、その活動・権限行使の予定・内容・結果等の報告する責任があります。また有権者には、議員・政党を選べる権利があり、民意を政治に伝えることができます。時間の掛るプロセスですが、直接選挙では民意が反映され過ぎる欠点があり、拙速は国家危機に及びます。
守谷市議会は公共工事派と福祉派に分かれ6対4の比率、地元/新住民比は3対7に逆転。新住民のお陰で、市の財政は改善され、さらなる土地開発『ビスタシティ守谷』になんと58億円の大型補助金!日本全国の農村部は、田畑を手放し、新住民を呼び込みます。妙策ですが、大型施設が入って地元商工会は大打撃。農家も徐々に追いやられ、新住民の高齢化と共に空洞化が加速します。住民・宅地入替リサイクルの悪循環です。
世襲政治=地盤(組織力)・看板(知名度)・カバン(資金力)に頼る選挙運動
識字率の高い日本が記入投票を好む理由は、世襲政治に都合が良いからです。議員が地元や支持団体に利益誘導するのは無理からぬことで、厳しく律すれば農村部の過疎化が進み、議員のすげ替えが簡単に起きてしまいます。
住みやすさランキングは、ハコモノ資産の偏差値評価。他の苦しい市町村と比べて喜んでいるだけの話です。住民の財産・税金が市のハコモノ資産に変っただけで、市の負債は残ったままです。人口が減ると次世代の負担が増加します。社会福祉は、お金を使わず、頭を使うことが大切です。

     

また、話が堅苦しくなってしまいました。申し訳ありません。それでは、貴方だけにコッソリ、選挙の裏話をお教えします。守谷市議会には、ベテランの女性議員さんがいらっしゃいます。福祉派と呼ばれる新住宅地から選出の、とても良く市民のために働いてくれている人達です。


みなさん、遠くから見れば、それなりにお綺麗なのですが、ある日、若い候補が出ると聞きつけ・・・

A女性議「ねぇ、ねぇ、これ見て、これ!?」
B女性議「え、ナニ、JALスチュワーデス、キャビンアテンダント。。。」
C女性議「キャビンアテンダントってナニする人?タバコの機内売り子かなんか?」
※キャビン(CABIN)は、日本たばこ産業(JT)が2008年まで製造・販売していた、チョコレート風味のタバコ。セブンスター、マイルドセブン(現:メビウス)に並ぶJTの主力商品。


D女性議「タバコに火を付けて回るの?ホステスさんみたいね。。。」
E女性議(ちょっとインテリ)「キャビンアテンダントって、和製英語で、正式にはフライト・アテンダント、客室乗務員って意味よ。」
B女性議「じゃぁ、タクシードライバーって、タクシーパイロットが正しいの?」
A女性議「あら、なんの話だったかしら。。。」


お金を掛けないで選挙するには。。。

すべて手作りなら、20,000円以下!?

堅固な地盤(組織力)・看板(知名度)・カバン(資金力)を持たない方は、ネット選挙をお勧めします。耐水A4ラベルでポスターを自作すれば、2万円以下(供託金30万円が別途必要)で選挙活動できます(←My政党名が持てます)。

どうしても選挙宣伝したいかたは、マイカーに看板(材料はジョイ本で3,000円位)を付ければ出来上がり。



ウグイス嬢は、音声合成ソフトで作ったナレーションをMP3プレーヤーで繰り返し、拡声器に出力します。

あと、こんな機材が必要ですので、通販かレンタル、お友達から借りましょう。


※まぁ、騒音で近所迷惑なだけで、お金が掛かる割には効果ありません。

1人ですべて行うのでしたら、選挙事務所はなくても構いません。出馬への選挙手続きも、市役所が書式一式の入ったCDを渡しますので、結構、簡単に準備できますし、公平な選挙を執り行うため、市役所が丁寧に下準備をチェックしてくれます。

若くて美人は有利!?

選挙に出てみたくなりました?

もし、貴女が若く美貌の持ち主であれば、それだけで当選確実です(笑)。まぁ、念のため、それを証明するブログ位は早めに立ち上げておくと良いでしょう。 下記の議員さん達は、その点で有名な方々です。

  • 我孫子市 水野ゆうき この方は市議1期の後、県議に転身。ネット選挙を上手く利用した話題の人。
  • 八戸市 藤川優里 名前からして、断然、「有利」だと解ります。
  • 守谷市 関口ゆみえ 若干、微妙なのですが、「関口ゆみえ、3?才ッ!」と叫び続け、初当選です。
※この後の「選挙考察|なぜ若い美人候補に票は流れるか」に詳細を掲載。

余談ですが、選挙ポスターは、公選法上は「文書図画」と定義されているだけですので、若い頃の写真を使っても、著作権や承諾が取れていれば有名人を掲載 しても問題ないそうです。外国の例では、フル・ヌード候補がいたり、日本の地方選挙でもセミ・ヌードが確かあったと思います。なぜか、男性はこう云う姿を 「前向き(もしくは前向け!)」と捉え一票投じる傾向があります。ちなみに、商業写真の経験がある私は、前回のポスターをデジタル制作したので、白髪を染め、シミ・しわを取り、二重まぶたをハッキリ描いています。ポスター作りはハマリますが、余り得票には関係がない気がします。


  ★寝起きのスッピンが、デジタル・リメイクで。。。

肯かれる男性は多い筈である。ナゼか。理由は至極明快である。男は若い娘が好きだからである。その知謀の極みとも言える眼差しと微笑みが男性のハートを激しく揺さぶるからだ。それでは、過去の確信犯的事例を挙げて検証してみたい。


※彼女は県議補選出馬のため、市議会議員名簿に写真の掲載がなく、ブログから拝借。
貼ったポスターが盗まれるのも肯ける、なかなかの出来映えである。若さを演出しようとピンクのカーデガンを用いる努力が見受けられる。ベテラン女性守谷市議からは、かなりのヒンシュクが上がった問題のポスターである。

県議補選出馬理由:東北大震災での放射能被害から子供達を守るため、市議では役不足との事。


それでは、全国の有名美人議員を紹介しよう。

まず、近隣、我孫子市の水野ゆうき氏、34才。千葉県議。

(※氏のオフィシャルブログより拝借)
思わず、見入ってしまう、かなり男性を意識したポーズである。
志・理念:政治をきちんと機能させ、美しくて明るい我孫子をよみがえらせ、次世代に残す。


では、美しすぎる市議として、全国第一の誉れ高い八戸市藤川優里氏(35)の登場です。

     声を押し殺すのがやっと。思わず文字がズレてしまった(氏のFacebookより拝借)
前述の女性議員からは「ギャァーーー!?」の声が聞こえてきそう。。。
政策:財源を確保するための成長戦略、攻めること”そして”安心して生活するための社会保障、守ること”の両立による足腰の強い八戸市を作る。


では、最後に、守谷最若手女子議員、関口ゆみえ氏です。

(氏のブログより拝借)
若干、今回の考察テーマの赴きとは、微妙に意見が分かれるかもしれないが、あぁ、女性からの反感を押さえた作風であると理解したい。
ジャケットからチラリと覗く、黄色いVネックタンクトップ。大人の女性の色香。彼女も負けていません。
政策:しがらみのない立場、変わらぬ市民感覚で、行政の事業のあり方を検証しムダを省きます。


新刊「守谷市政ジャーナル誌 週刊ナンダイ」より抜粋 
※編集長 福祉サンタ=古谷一成



若者向け情報

■若者向けの役立つ情報

・是非、選挙に参加ください。

・非正規労働、ブラックバイトでお悩みの方に役立つ情報

・起業のコツ − これからの通販ビジネス

1.選挙への参加

私は、長いことノンポリでしたのでしたので、東京に住んでいた時は、どこに投票所があるのか知りませんでした。まぁ、国の膨大な借金を容認してしまった、我々世代の有権者の責任は重いですね。

選挙・被選挙権は、年功序列ではありませんし、かつて、アメリカ大統領選に若きJ.F.ケネディーが登場して以来、世界中で、若い人達の政治興味に火が付いたようです。

実際、自営業でもしていないと、選挙活動をするのは難しいですが、小中学校時代の同級生や先輩・後輩との連絡ももまだ付き易いでしょうから、支援者を集うには有利な筈です。選挙資金(供託金)の30万円貯めるかカンパして貰うのもそれ程難しいことではありません。是非、多くの若者が市政に参加されることを希望します。

2.労基署の斡旋や労働審判制度って知っていますか?
経済格差を生んだのも我々世代がバブル景気に浮かれて、そのツケを小泉政権の規制緩和で労働弱者や若者を苦しめたのは事実です。私は法学部卒なので、理屈で詰め寄られると、理屈で寄り返すのは自信がある方です。当たり前のことですが、就業規則に則って働いていればまず問題はありません。例え失敗したとしても、上司や先輩に「貴方はできるんですね?」と聞いて、彼等がやって出来たのなら、教え方に問題があったと開き直れる位でないと、その会社で長く勤めていくのに苦労することでしょう。問題の起きる会社は、至る所に問題が山積しているのであって、それは貴方自身の問題ではないのです。茨城にUターンした時に、なぜか大阪の仕事を頼みたいとか、来期の研究費の見落としが有って、貴方の人件費を研究機材購入に充てたいなんて笑い話が起き、その様な時に私は、労働基準監督局の斡旋や労働審判制度を利用して、6,500円位で東京地裁で裁判して貰い、相手関係者が大勢やって来て頭下げさしたことも有りました。

・労働者ネット − 労働基準法、違反を許すな!労働者
・弁護士ドットコム ー 「労働基準監督署あっせん」の法律相談
・労働審判制度について
・全国コミュニティ・ユニオン連合会


3.バイト・ネット通販・起業の勧め
私は、一応、産業翻訳の技量を持っていまして、液晶・半導体系、IT系ですと基幹業務システム(ERP)、大手カメラ・メーカーのマニュアルは、よくやりました。チームを組んで作業するので、翻訳すると云うよりは高速・大量加工できるので、重宝されるのでしょうね。

公的研究所に勤めていたので、そこで中国人研究員との付き合いができ、中国通販を利用するようになりました。最近、福祉機材の研究開発と称して、個人企業を立ち上げ、ネット通販の準備をしているところです。上手く事業が乗れば、株式会社に格上げしていく計画です。

昨年、柏の輸入画材商のネットシステムを任されてまして、商品撮影、通販ネット・サーバのメンテ、会社業務の情報処理などの作業を行いました。Yahoo!のオークションも結構、利用しますが、新しいビジネススタイルで、小資本で大手並のことができる、今後の主流となることでしょう。

意外と多種・多様の公的資金、助成金が政府機関や地方行政から出されていることが知られていません。

「若者応援宣言」事業
若者の起業、意外と多い成功例 その理由は?